マネジメント
2022.03.08

コミュニケーションコストを削減して生産性を高める!コストがかかる人や組織の特徴と減らす方法6つ

コミュニケーションコストとは?その意味や影響を解説

コミュニケーションコスト=意思疎通のために生じる時間・労力

【ケース1】相談すべき相手がわからず、いろいろな人に聞いて回る状態

【ケース2】 情報の発信や受信といった情報伝達に手間がかかる状態

【ケース3】正しい内容が伝わらない場合や理解されない状態

不要なコミュニケーションコストを減らすと仕事の生産性は向上する

組織経営に直結する

コミュニケーションコストが高いことで起こる、4つの問題

【問題1】業務効率が低下

【問題2】上司・部下間、チーム間の連携がとれない

【問題3】意思決定に時間がかかる

【問題4】従業員への負担が高まる

「コミュニケーションコストがかかる人」の3つの特徴

【特徴1】 理解力が低い

【特徴2】 自分の話ばかりをしたがる

【特徴3】 自分の立場や役割を理解していない

「コミュニケーションコストが高い組織」の3つの特徴

【特徴1】社員教育が行き届いていない

【特徴2】情報伝達の仕組みができていない

【特徴3】心理的安全性が低い

コミュニケーションコストと関係の深い、「ブルックスの法則」

ブルックスの法則とは

コミュニケーションコストを減らすために。個人の意識で下げる方法3つ

相手の話をよく聴き、正しく理解する

5W1Hで情報を整理する

話しかけやすい環境を作る

コミュニケーションコストを減らすために。組織全体で行う対策3つ

社内コミュニケーションはオープンな空間で行う

社内教育を充実させ理解力を向上させる

ツール活用でナレッジ共有の仕組みを整える

コミュニケーションコスト削減に有効な「welog」とは

つくし社会保険労務士事務所

株式会社Giver Link

適切なコミュニケーションコストで生産性を高めよう

記事一覧へ