情報共有
2022.07.01

【ジャンル別】業務効率化ツール11選。選定ポイントや導入の注意点とは?

業務効率化とは?求められる背景

【背景1】労働人口の減少・業務の複雑さ

【背景2】DXや多様な働き方の実現

業務効率化ツール選定のポイント

どのような業務を効率化させたいのか

社内のITリテラシーにあった操作性になっているか

アフターケア・サポート体制が充実しているか

社内システムと連携できるか

費用やコストに見合った効果が得られるか

セキュリティの高さ

【目的別】おすすめの業務効率化ツール

《目的1》社内の情報共有を促進させたい

ナレッジ・情報共有ツール「welog(ウィーログ)」

《目的2》コミュニケーションを効率化したい

ビジネスチャット「chatwork(チャットワーク)」

web会議ツール「Zoom(ズーム)」

《目的3》業務の自動化を図りたい

RPAツール「WinActor」

《目的4》業務を「見える化」したい

プロジェクト・タスク管理「Backlog」

《目的5》 顧客情報を効率的に管理、経営に活用したい

名刺管理ツール「Sansan」

顧客管理ツール「HubSpot」

《目的6》ペーパーレス化を図りたい

電子契約ツール「クラウドサイン」

ワークフローシステム「ジョブカンワークフロー」

《目的7》バックオフィス業務の効率化や属人化を解消させたい

勤怠管理・労務管理ツール「freee人事労務」

見積・請求書作成ツール「board」

業務効率化ツールの導入により、得られる効果

コスト削減

生産性向上

業務効率化ツール導入における注意点

スモールステップで始める

効果検証や振り返りをおこなう

業務効率化ツールを使って、組織の生産性を高めよう

記事一覧へ