2021.10.17

【わかりやすく解説】「暗黙知」とはどういう意味?形式知との違いや具体例など

暗黙知とは「言語化されていない知」という意味

マイケル・ポランニーが『暗黙知の次元』で提唱

暗黙知の具体例

暗黙知の対義語は「形式知」

暗黙知と形式知の違い

形式知の具体例

企業が暗黙知を放置することのリスク

ナレッジを蓄積・継承しにくい

ナレッジの活用が難しい

業務の生産性低下につながる

暗黙知から形式知への転換は、「ナレッジマネジメント」に不可欠

効果的なナレッジマネジメント手法‐野中が提唱したSECIモデルとは

共同化

表出化

連結化

内面化

暗黙知から形式知への転換やナレッジを効率的に行う方法

ナレッジリーダーを決め、ナレッジ活用のビジョンを策定する

これまで意識してこなかった暗黙知を洗い出す

ナレッジを共有、創造、活用できる場・仕組みを作る

効果的なナレッジ共有には情報共有ツールを活用

クラウド上での情報管理により、時や場所を選ばずに共有可能

暗黙知やナレッジマネジメントを学べる本

暗黙知と形式知を理解し、ナレッジマネジメントに活かそう

記事一覧へ