2022.01.11

無料で使える社内wikiツール、おすすめ6選。選定や運用のポイントを紹介!

社内wikiツールを選定するポイント

【ポイント1】ツールの使いやすさ・操作性

【ポイント2】情報検索のしやすさ

【ポイント3】ツール同士の連携や、対応するデバイス

【ポイント4】セキュリティの高さ

【ポイント5】利用料金

【ポイント6】クラウドか、オンプレミスか

無料プランのある、おすすめの社内wikiツール

welog(ウィーログ)

Notion(ノーション)

Confluence(コンフルエンス)

Scrapbox(スクラップボックス)

Kibela(キベラ)

Knowledge(ナレッジ)

社内wiki導入で得られるメリット

ナレッジや情報を一箇所に蓄積し、管理できる

必要な情報をすばやく検索でき、業務効率化を図れる

引き継ぎや教育コストを削減できる

情報・ナレッジ・ノウハウの属人化を防げる

社内wikiを社内で普及させるには?

社内wiki推進チームで管理する

投稿ルールやフォーマットを整備する

情報がある程度溜まった状態でスタートする

社内wikiを使って、情報やナレッジを活用しよう

記事一覧へ