情報共有
2021.07.05

情報共有の意味とは。社内で行う重要性や効果的な方法・ツールを紹介

「情報共有」の意味とは

どう情報共有する?情報共有における4要素-「収集」「整理」「共有」「活用」

収集

整理

共有

活用

共有すべき情報の種類-「フロー情報」と「ストック情報」とは

「コミュニケーション」との関係性

情報共有はなぜ重要?情報共有の目的とは

情報共有を行うことで得られるメリット

ナレッジの共有による、脱属人化

業務効率化や生産性の向上

チーム理解の促進と迅速なトラブル対応

迅速な意思決定による、機会の確保

社内資産の蓄積による、新たな価値の創出

情報共有がうまくいかないことによるデメリット

情報共有がうまくいかない原因

社内・チームのコミュニケーションに問題がある

チーム間で情報共有のメリットがわかっていない

情報の蓄積と共有に関するルールが不明確

担当者の不在や多忙

社員同士の情報共有を円滑化させるための対策

チーム内のコミュニケーションを活性化する

情報共有の目的・重要性を伝える

情報共有のルールを明確化する

チームごと、業務の状況を把握する

情報共有を効果的に行うにはクラウドツールが不可欠

フロー情報に適した情報共有ツール

ストック情報に適した情報共有ツール

情報共有ツールを選ぶ際のポイント

情報共有の重要性やメリットをふまえ、効果的な対策を

記事一覧へ