ナレッジ
2022.08.10

ナレッジベースとは。意味やメリット、構築に有効なツール6選を紹介

「ナレッジベース」とはどういう意味?

ナレッジベースはなぜ必要か。注目される背景3つ

働き方の多様化・業務のデジタル化への対応

人員流出への対応(個人のナレッジを社内資産化)

ナレッジマネジメントへの活用

ナレッジベースの分類

データベース型

社内wiki型

グループウェア型

ヘルプデスク(FAQ)型

データマイニング型

ナレッジベースの活用例

【活用例1】企業内検索(エンタープライズリサーチ)

【活用例2】FAQシステム

【活用例3】 自動音声応答装置

ナレッジベース構築で得られるメリット

【メリット1】業務効率化や脱属人化を実現できる

【メリット2】素早い情報共有と情報のアップデートが可能

【メリット3】顧客対応力の向上から、企業競争力強化につながる

ナレッジベースの作り方

既存のシステムを活用する方法

新たにツールを導入する方法

ナレッジベースは自作できる?

【無料有】ナレッジベースの構築におすすめのツール6選

welog|中小企業のナレッジ共有、脱属人化を推進(無料プラン有)

esa|「まず共有」から始め、情報をチームで育てるドキュメント

Qast|シンプルを追求した“社内の知恵袋”。Q&Aとwikiでナレッジを集約

OKBIZ. for FAQ|FAQ・ヘルプデスクシステムが簡単に構築できる

Kintone|必要な情報の全てが一元管理できる、100種類以上のアプリを搭載

Microsoft365|充実の機能で幅広い活用が可能

ツール選定時に踏まえておきたいポイント

ナレッジベースを活用し、社内の情報共有を促進させよう

記事一覧へ